藍に関わるいろいろ講習会

来る2月~3月、藍に関わる各種講習会を開催します。
まだ詳細を調整中ですが、
県外の方で予定を調整される方もいらっしゃるかと思いますので、
2月分一部のみ速報でお知らせします。

>>> 参加申込の方法

必要事項を記入し、下記のメールアドレス宛にお送りください。

メールアドレス:seminar@our-ai.jp
必要事項:申込者お名前、お電話番号、参加者氏名、参加人数、参加を希望する講習会名
※事前のご質問も受け付けています

>>> 講習会の内容

●クリーニング講習会①(3月に続編の②を実施)

講師:前田 尺 氏(Tk Laboratory)
日時:2020年2月25日(火)10時~12時、13時~15時の2部制(後半は前半に引き続いての内容となります)
場所:徳島県教育会館(徳島市・駐車場無料、市内にて変更の可能性あり)
費用:無料

対象:藍に関わっている/染色をしている方、もしくは、染色の世界に入ろうと考えている方

染色をし、商品を販売されている方は、染色後のクリーニングや仕上げをどのようにされているでしょうか。この講習会では、クリーニング屋さん向けに講習をされているプロのクリーニング講師をお招きし、クリーニングの仕方、アイロンの使い方、洗剤や器具の選び方など、自己流・曖昧になっているような知識を補完する機会としたく思います。

●藍染講習会

講師:古庄 紀治 氏(古庄染工場)
日時:2020年2月27日(木)14時より
場所:藍屋敷おくむら(藍住町・駐車場無料、付近にバス停あり)
費用:無料

対象:藍に関わっている/染色をしている方、もしくは、染色の世界に入ろうと考えている方

通常の藍染体験であれば、徳島県内に限らずいたるところでできますが、今講習会は古庄紀治さんから直接手ほどきを受けられる機会となります。オープンな場ですので、普段、様々な事情で染め場に伺うことにハードルを感じている方にとっても、藍染の悩ましいあれこれについて、古庄さんはどのように解決されているのかなどを相談できる良い時間になるのではないでしょうか。

古庄 紀治 氏(古庄染工場六代目)

徳島県出身

1973年より先代の古庄 理一郎 氏に師事し、染色家としての活動を始める。
2018年、藍染文化の維持・継承や、後進教育の功労が認められ、黄綬褒章を授与される。

厚生労働省指定 国選定卓越技能章「現代の名工」
徳島県指定無形文化財「阿波藍の注染」所有者

その他講習会は現在、詳細を調整中です。

ざっくりですが、3月には、

●制作した作品の価値の伝え方・見せ方(世界的なデザイン関係の展示会・イベント等での展示実例を画像で見ながら解説)

●大都市圏の大手百貨店リビング統括GMに聞く市場動向(店舗周辺の環境、バイヤーが商品を見るポイント、提案には何を用意すべきか、既存の取引事業者はどの程度のスパンで商品提案等しているかなど)

◇藍を考える:インジゴとインジカン、化学的アプローチから見た染色とその挙動(学識者による)

◇藍を考える:認知心理・認知科学の側面から見えてくる「青」色の効果、青は創造力の向上にどのように寄与するか(学識者による)

■クリーニング講習会 後半

■表示の正しい扱い方(特に洗濯表示、消費者に正しく伝えるべき項目)

こういった会を考えていますので、お時間のご都合がつきましたら、ぜひご参加ください。

“藍に関わるいろいろ講習会” への2件の返信

    1. 福井様

      失礼いたします、藍産業振興協会の梶本と申します。

      コメントをありがとうございました。
      当方の不手際でコメントの確認ができておりませんでしたが、
      講習会にご出席いただけるとのこと、
      来る27日の染色講習会、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA