キーワードを入力後、Enterを押してください

一草/ ISSO

一草/ ISSO - 壁掛け

ISSO(一草)は四国の徳島市内で梶本登基子が主宰する藍染工房のブランドです。

徳島産の藍に、クヌギ・カシ・サクラなどの木の灰汁を加えて発酵させる、昔ながらの伝統的な技術による天然染料のみを使って染めています。

昔の人は藍の色にたくさんの美しい名前を付けています。その色の名前は、藍が暮らしの中でいかに親しまれ、愛されてきたのかを現代の私達に伝えてくれているようです。

藍にひそむ「色」そのものの魅力や力を感じていただけるように、素材を生かしたシンプルな物づくりを心がけて、藍に染めた布が、なにかナチュラルな風合いや雰囲気と共に暮らしの中に 安らぎを添えることができれば幸いです。
一草/ ISSO - 藍甕
ものづくり

藍染そのものは日本全国にありますが、「青」をどのように表現し、ISSOの制作物を手にとって頂いた方々につくり手の想いをどのように伝えるか、当工房ではその点に特に重きをおいています。

藍にひそむ色そのものの魅力や、藍(タデアイ)という植物から湧き出してきた「青」の持つ生命力を感じていただけるよう、素材を活かしたシンプルなものづくりを心がけています。

素材

ISSOでは、徳島産の天然青色染料「阿波藍」をはじめ、丹精こめて作られた、安心して使える原材料を選び、昔ながらの「木灰汁発酵建て」という方法で藍染の染め液を仕込んでいます。

例えば、ふすまの代わりに日本酒をつかう、ということで、藍の色の質そのものが大きく変わるわけではありませんが、原材料の由来がわかっていて、安心して使えるというモチベーションが染め手に与える心理的な影響は、作るものにも関係してくると考えています。

一草/ ISSO - 青葉影
事業者情報
事業者名一草/ ISSO(株式会社あおし)
問い合わせ担当者梶本 雄大/ Yudai Kajimoto (Mr.)
所在地〒770-0026 徳島県 徳島市 佐古六番町5-1-209号
連絡先メール:info@awa-ai.com
ウェブサイトhttps://awa-ai.com/
ワークショップ・研修現在は受け入れていない
主な制作品オリジナルの空間演出作品、ストール・スカーフ、ランプシェード、暖簾、他
<<< 藍に携わる人たちのページに戻る